MENU

海洋性コラーゲンの最も大きなメリットは、吸収率の高さにあり

動物性コラーゲンの狂牛病問題などが指摘されるようになった2000年代初頭、それに代わる新たなコラーゲンが注目を集めるようになってきました。
その中で、特に普及したのは海洋性コラーゲンです。

 

マリンコラーゲンとも呼ばれる海洋性コラーゲンは、魚に含まれている水溶性のコラーゲンで、骨、皮、ウロコなどから抽出されています。
魚も動物なので、動物性コラーゲンではないのかと思われがちですが、牛や豚、鶏などと比較した場合、魚のコラーゲンは性質が大きく異なるため、海洋性コラーゲンとして分けられるようになりました。

 

海洋性コラーゲンの最も大きなメリットは、吸収率の高さにあります。
人間の体内に摂取した場合、すぐに身体が吸収するため、即効性が期待できます。
この吸収率の良さの要因には、魚の体温の低さが挙げられます。
牛や豚などは、人間より若干体温が高いくらいですが、魚は10度以下といわれており、熱ですぐに溶けるという性質があるのです。
また、海洋性コラーゲンは水溶性なので、水に溶けやすく、より体内で吸収しやすい性質であるといえます。

 

さらに、海洋性コラーゲンには「ハイドロプロリン」というアミノ酸が含まれており、これが体内におけるコラーゲン形成を助けてくれるので、より摂取しやすいのです。
ニオイも少なく、安全性も高いことから、最近販売されているコラーゲンドリンクをはじめとするコラーゲン関連の商品等には、この海洋性コラーゲンが含まれることが多くなりました。

 

海洋性コラーゲンを成分として含むドリンク等を摂取する際の注意点は、摂取した魚が養殖ものの場合、抗生物質等の薬が含まれている可能性があるという点です。
ほとんど気にするレベルではない問題点ですが、念のためにコラーゲンドリンク等を購入する場合は、天然の魚のコラーゲンかどうかをチェックすると良いでしょう。

関連ページ

コラーゲンドリンクはニキビ・吹き出物の予防にいい
美容のための成分としては定番化しつつあるコラーゲンドリンク。特に女性の身体を美しくする上では、非常に大きな効果が期待できます。コラーゲンの働きや効果に注目してみました!